子供を起業家として育てる育て方

子供を起業家として育てる育て方

子供を起業家として育てる育て方

日本の起業家が提言する詰め込み教育による知識の利用の難しさ

日本では起業家が非常に少なく,それゆえに起業家が賞賛される傾向があります。

彼らが共通して提言するのは,日本の教育が詰め込み方式であり,知識は多いのですが,知識を利用することに長けていないということです。

そもそも詰め込み教育は,一番楽な指導方法であると言えます。

暗記力に頼れば良いため,小中高校まではこの方法が通用するのです。

しかし,社会に出ると詰め込み教育の弊害が出てきます。

それは知識の応用能力がないということです。

ちょうど満杯になったダムの中から物を取り出すイメージが,例えとしてふさわしいです。

そして,ダムから少しずつ水が流れ出してしまい,その後詰め込む作業をしないのが日本の学生一般に見て取れる傾向です。

起業するためには,社会という今までの教育が全く通用しない状況にて,自分の立ち位置を決めなければなりません。

それは誰が教えてくれるものでもなく,経験則によるものが大半です。

経験則とは知識ではなく,身体が自然に覚えている能力です。

日本に起業家が少ないのは,社会も詰め込み方式で通用するという間違った認識が多いためと言えます。

起業家にただ憧れるのではなく,自分が起業するならば,どのような立ち位置を選ぶかという考えを持つことで,経験則が養われていくと考えられます。